2012年11月26日

子ども絵画教室で思うこと



今日は小学校の子ども会主催の絵画教室で講師をしてきました。
今年は小学生相手の教室が4回ありましたが、いつも感じる事は道具の使い方をキチンと教わっていないと言うこと。
紙も絵の具も筆もパレットも筆洗も。
道具の特性がわからないから、上手く使えるハズがないんですよね。
これじゃ絵を嫌いになっても無理がないなぁと感じます。
せっかく下絵を上手に描いても彩色すればグチャグチャに。そんな子どもが多かったですね。
一度、小学校の授業参観をしてみたいと思いました。

※写真はイメージです。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
三馬力デザイン事務所創立20周年記念パーティを振り返って
イベントを終えて
ニトロケース
「大浦陸宏・宇佐美コーゾー二人展」を振り返って
ギターレッスン
KISSな私。
同じカテゴリー(日記)の記事
 三馬力デザイン事務所創立20周年記念パーティを振り返って (2014-06-29 07:52)
 イベントを終えて (2013-11-04 10:12)
 ニトロケース (2013-07-01 02:26)
 「大浦陸宏・宇佐美コーゾー二人展」を振り返って (2013-05-25 12:45)
 ギターレッスン (2013-05-22 05:29)
 KISSな私。 (2013-05-18 15:49)

この記事へのコメント
ごもっともです。
ウチの子は、絵を描くことが大好きなのに、絵の具を使うとなると描くのは、嫌だといいます。
色鉛筆や、ポスカなど、すぐ使えてすぐ片付けられるものしか家でさわらせていないから。。。
自分も描くから、画材は自宅にそろってるのに、子供に使わせていないなんて、朝から晩まで時間があれば絵を描いてるコなのに、もったいないことし
てますよね。
冬休み、画材を子供の前に広げてみます。
Posted by 虹色ソイソース at 2012年11月27日 10:11
>虹色ソイソースさん

私自身も小学校の時は同じでしたよ。いざ塗るとへんになってゆく…。
中学校の美術部でやっと水彩絵の具の特性を知りました。

水性色鉛筆なんかはどうですか?比較的、道具も少なくて、水彩絵の具の特性もある程度わかると思うし、色鉛筆から水彩絵の具に変化してゆくというのが子どもには楽しいようでしたよ。
Posted by ACEACE at 2012年11月27日 10:30
それは、いいですね。!そういえば、私も子供の頃は、絵を描くことが好きでしたが、絵の具は、面倒だと思ってました。。。
水性色鉛筆にじむ失敗も少なそうですし。子供も簡単にとりだして使えますよね。!
なんとなく、スケッチ旅行や絵葉書など大人が楽しむ画材というイメージがあって思いつきませんでした。
ありがとうございます。♪
Posted by 虹色ソイソース at 2012年11月27日 11:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。