2011年08月31日

musica独描会のお知らせ



東日本大震災復興チャリティイベントとして、宇佐美コーゾー(渡風路土空〔とふうじどくう〕)の絵画展示・販売を行います。
絵を描く楽しみ、完成させる喜びを知ってもらいたい。そんな気持ちで絵画の楽しさを伝えていきたいと思っています。
当日は即興の絵画の他、過去に発表した個展作品の一部、スケッチ、絵はがき等の展示・販売も致します。
絵画等の売上金の一部は、東日本大震災復興義援金として寄付いたします。皆様のご協力をお願いします。

と き/9月17日(土)午後5時〜深夜
ところ/カフェ&バー musica
    和歌山市楠見中187-3
    073-488-7660

http://sigroup21.com/musica.aspx  

Posted by ACE at 21:33Comments(0)お知らせ

2011年08月28日

独描会のご報告



8月27日(土)に、海南市にある黒江ぬりもの館で「チャリティイベント・独描会」を開催いたしました。
東日本大震災の復興チャリティとして、絵画の描きなぐりをさせて頂きました。



前日に地元フリーペーパーに掲載して頂いた事もあり、多くの方がお越しくださいました。
午前11時から午後5時までが、本当にあっと言う間だったような感じでしたね。
来て頂いた皆さんも黒江ぬりもの館内にあるカフェでまったりと過ごして頂き、本当に楽しい1日でした。



事前に描いておいた作品や、ポストカード、過去に描いたスケッチ、そして、リクエストにお答えしての即興画等、多くの作品をご購入頂き、多くの善意が集まりました。これは赤十字を通じて被災地の復興資金として役立てて頂きたいと思います。ありがとうございました。



また、新たなご縁を頂いたり、私自身実りのある1日でした。
通りで一服していたところ、レンタサイクルで道を聞かれた方が、なんと広島からお越しの方で、この時、初めて黒江ぬりもの館内にあるカフェが「ミントカフェ」と知りました(笑)
この広島から来られた方も和の中に入って頂いて、楽しいひとときを過ごされていました。人の輪というのか、とっても暖かい気持ちになれました。こういうのはいいですね。
「袖触れ合うのも多少の縁」と申しますが、人と人が直接触れ合うコミュニケーションはいいものです。昨今ネットを介してのコミュニケーションはたくさんありますが、やはりなにかモノ足らないものですよね。



今年の夏は、多くのイベントがありました。今回が一応、夏の最後のイベントとなりました。
ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。

今後の予定ですが、11月23日(祝)はローラカフェVol.2〔本町ラグタイム〕、12月11日(日)は恭やんと私のバースデーライブ〔本町ラグタイム〕、12月18日(日)癒しの絵手紙展+独描会〔黒江ぬりもの館〕となっていますが、日時未定として、和歌山城スケッチ会、独描会も予定しています。

※写真ご提供/momoちゃん、まあるさん、おかちゃん  

Posted by ACE at 23:17Comments(6)日記

2011年08月27日

スクラムに掲載されました



8月26日付けの情報誌「ツーカイネット・スクラム」の1面の「人物辞典」に掲載して頂きました。
先日、黒江ぬりもの館で取材を受け、あれこれとおしゃべりしましたが、本当に上手くまとめて頂きました。
そして、本日はその黒江ぬりもの館でチャリティイベント「独描会」が行われます。
お時間がぜひお越しくださいませ。駐車場はうるわし館隣にあります。  

Posted by ACE at 01:10Comments(4)日記

2011年08月25日

久々のゲスト出演



湯浅にあるFMマザーシップで月1回放送のあるマフィンさんの番組にゲスト出演してきました。
最近、メインでしゃべらせて頂くメディアが多く、今回は久々のゲスト。でも、いつもの癖でついついゲストであることを忘れてしまいます(笑)
30分番組でしたが、時間なんてあっという間。あと1時間はしゃべっていたかったですね。
アットホームな雰囲気のスタジオはとっても居心地がよかったです。

  

Posted by ACE at 08:19Comments(2)日記

2011年08月22日

QU-Eアルバム「大地に願う」



今、話題のシンガーソングライターQU-Eの最新アルバム「大地に願う」を聴きました。
初めてQU-Eの曲を知ったのは「ラストランナー」。勇気をもらえる素敵な曲でした。
そして今回のこのアルバム「大地に願う」。思わず歌詞を聞き込んでしまう、そんな素晴らしい曲達でした。
広がり続ける世界観を感じさせ、聴く者を魅了しますね。



そして、TOMYさん、SASAGUさんに特別なサインを頂きましたよ。
私の名前と似顔絵入りのスペシャルサイン。これは大切にしなきゃね。  

Posted by ACE at 20:52Comments(0)日記

2011年08月22日

モンティグレ「親子体験教室」に参加して


【南方伶文先生と。撮影は三嶋先生】

8月21日(日)、モンティグレ ダイワロイネットホテル和歌山で行われた「親子体験教室」で、今回は「紙で作る昆虫採集」をさせて頂きました。
夏休みも終盤のこの日。夏休みの宿題にと多くの親子が会場を訪れてくれました。私のブースでは4人の生徒が体験してくれました。

もともとこの切り絵は、私が子どもの頃、夏休みの宿題に昆虫採集をしていたところ、途中で飽いてしまって、紙で作ったのが始まりです。
なので今回のイベントにはいいかなと思って用意させて頂きました。
小学校低学年、中学年、幼稚園の年中さん、そして大きなお友達が参加してくれましたが、それぞれに楽しんでくださいました。

また、日頃あまり会う事のない他のセミナー講師の皆さんとお会い出来るのも楽しみのひとつですね。
今回はスクラップブッキングの三嶋先生と親交を深める事が出来ました。また新たな仲間が増えた感じで嬉しいです。

そしていつものように絵描き仲間のShinya君も遊びに来てくれました。
私にとって彼の存在は大きいですね。今後の展開が楽しみです。
  

Posted by ACE at 02:15Comments(2)日記

2011年08月21日

musicaアートカフェ

カフェ&バーmusica(ムジカ)で8月20日(土)から月末まで「musica art cafe」と題して一般の絵画の展示が始まった。
20日(土)はそのオープニングイベントとして午後2時から子ども絵画教室があり、その講師を務めさせて頂いた。
子どもと言っても参加してくれたのは、ほとんどが幼稚園の年少さん。言葉すら通じない状態。そんな子達がワラワラと溢れかえり、台風が一気に3つ位上陸したような状況。
スタッフの助けも借り、なんとかイベントを終える事ができた。

まずご父兄には、子どもさんの絵に対する取り組み方のような事をお話しした。
・大人の価値観で子どもの絵を見ないように。
・絵には「こうあるべきだ」という答えも正解もない。
・絵画は決して敷居の高いものではなく、もっと気楽に楽しむもの。
・自然界にある綺麗なものをたくさん見せてあげて欲しい。

子ども達に紙を渡すとめいめいに色んな絵を描いては持って来てくれる。
どうやら「先生」と言う存在だと思ってくれたようで。次から次へと持ってくる子ども達が可愛かった。
その大半が何を描いているかも解らないものだったが、何かを描いて見てもらって誉めてもらう。そういう事が楽しくって仕方がないというのが伝わってきた。これが大切なのだと思う。
これは大人も子どもも同じ。描く事が楽しいと思えるのが一番。苦痛になったら駄目ですよね。


musica店内に飾らせて頂いている絵を変更いたしました。良かったら見てくださいね。

■明日(8/21)はダイワロイネットホテル和歌山で親子工作教室「紙で作る昆虫採集」を行います。夏休みの宿題がまだのお子さん、良かったら遊びに来てくださいね。受講料800円。午後1時~午後5時。2階イベントスペースにて。ハサミ・カッター等をご持参ください。  

Posted by ACE at 00:54Comments(4)日記

2011年08月15日

かき氷



もう何年になるだろうか。
ずっと昔から、夏になると一度は訪れるかき氷のお店。

夏の間だけ民宿をしているお店の1階にそのかき氷屋がある。
おばあちゃん一人で、古い氷かきの機械を動かしている。
スチールの丸椅子とテーブル。時間は何十年も止まったままのようだ。

私が通い始めた頃から、店主のおぼあちゃんはそのまま。あの頃、おばあちゃんだった店主は今もかわらず「おばあちゃん」

みぞれ、いちご、れもん…200円
プラスミルク(練乳)は250円。

今年も、時間を忘れさせるこのお店を訪れた。
観光客にはあまり知られないような場所。駐車場もない。
そこで、いつも注文するのは「いちご」。

かき氷と言えばこのお皿と言うような定番のお皿に、こんもりと盛られたかき氷。
崩さないようにスプーンをひっこ抜いて、ひとたび口にすれば、冷たい綿菓子を食べているような食感。
昨今の「フラッペ」とは大違い。懐かしいかき氷の味がそこにある。
時折痛くなる頭を押さえつつ、至極の時間を味わう。

年に1度位しか訪れないのに、おばあちゃんは私を覚えてくれている。
そんなおばあちゃんのサービス精神なのか、さらに50円まけてくれた。
今時、150円でこんな上等のかき氷を食べられるのか。

また来年も猛暑というワードがメディアを賑わす頃に訪れようと思う。  

Posted by ACE at 19:08Comments(14)日記

2011年08月12日

チャリティイベント「独描会」のお知らせ



東日本大震災復興チャリティイベントとして、宇佐美コーゾー(渡風路土空〔とふうじどくう〕)の絵画展示・販売を行います。
絵を描く楽しみ、完成させる喜びを知ってもらいたい。そんな気持ちで絵画の楽しさを伝えていきたいと思っています。
当日は即興の絵画の他、過去に発表した個展作品の一部、スケッチ、絵はがき等の展示・販売も致します。
絵画等の売上金の一部は、東日本大震災復興義援金として寄付いたします。皆様のご協力をお願いします。

と き/8月27日(土)午前11時~午後4時
ところ/黒江ぬりもの館
    和歌山県海南市黒江680
    073-482-5321
    http://kuroe-nurimonokan.jp/  

Posted by ACE at 03:14Comments(8)お知らせ

2011年08月07日

師匠の個展レセプションパーティにて

8月6日の事、西宮は苦楽園にあるギャラリー6Cにて師匠の個展レセプションパーティがありました。
当日は、トークライブに呼んで頂いておりまして、デザイナーの立場でお話しさせて頂きました。



さすが高級住宅街だけあってギャラリーもオシャレです。
小さな箱ですが、こだわりを感じさせますね。



トークライブでは師匠の絵をバックに、司会は相変わらず美しいハンズアウトの須澤さん、私、師匠の画家・森澤達夫、そして有名プロデューサーの渡辺さんの4人でスタート。
簡単な台本がありましたが、限られた時間と言うこともあり、すべてを伝えきれませんでしたが、楽しいひとときでした。



トークライブの後は、スティールパンドラムとパーカッションによる「カリブの暑い夜」ライブのスタート。
あっという間にギャラリースペースがカリブの夜に早変わりでした。
今回の個展でも色々と勉強になりました。これらを自分なりのフィルターを通して活用していきたいなと思っています。  

Posted by ACE at 22:50Comments(0)日記

2011年08月01日

第2回つなごら子ども祭り報告



7月31日(日)のこと。NPO法人つなごら和歌山主催の「第2回つなごら子ども祭り」に講師として参加しました。
この日は、「えんぴつ1本でここまで広がる絵の世界」と題してのイベント。鉛筆1本はなかなか奥の深いお話しです。
当日参加の子ども達は小学生低学年。さて、どんな話をすれば理解してくれるものか。



絵の基本となる立体物の描き方の話から始めました。とは言え、難しい言葉で説明しても分かり辛いもの。
まずは「サイコロ」の描き方からスタートしました。
ホワイトボードに説明しながら立方体を描いても、なかなかその通り描けるものではないようです。
さて、困った。どう説明すれば解ってもらえるかな。
なるべく優しい言葉で解りやすく何度も説明し、ひとりひとり回ってそれぞれの子どもに合った解説をしました。
いきなり描ける子から、何度も説明してやっと描ける子まで様々です。



それでもなんとか描けるようになったところで、今度は消しゴムの絵を描いてもらいました。
やり方はまったく同じ。少し長細くなっただけの「消しゴム」。
基本は一緒だと言う事を理解してもらおうという魂胆です。
さすがに今度は飲み込みが早いようです。
でも、子ども達は少々煮詰まったようなので、だまし絵をひとつ描いてみました。
すると子ども達の目はイキイキし始めました。しめたと内心思いながら、絵への興味をどんどん引き込んで行きました。

休憩を挟んで、もうひとつだまし絵を披露。
まるでクイズのようなイラストに子ども達と気持ちも通じ出したようです。
その後は、個々の質問に答えながらテーブルを回りました。



今度は、キャラクターのお話し。
同じ丸から描き始めて、イヌとネコを描き分けました。
ちょっとした違いでイヌとネコに描き分ける事が出来るというお話しをし、その動物の持つ特徴を見つけましょうという事を説明しました。
多くの線を使わずとも、特徴さえしっかり捕らえれば、ちゃんと似てくると言う事を理解してもらいました。

最後に、別な方法の立方体の描き方を解説。
実はコチラの方が簡単なんですね。
最初に難しいやり方を説明している為、一気に理解してくれたようです。

それから、保護者の方には、子どもに絵を史強いらないように、そして固定概念を植え付けないようにお願いしました。
絵は写真ではありません。それぞれの個性を大切にし、想像力をしっかり引き延ばしてあげて欲しい。
定規を使って絵を描く子もいましたが、駄目とは言わずに、自分の手で引く線は、自分だけのものだから、それを大切にしようねとお話しました。
いつまでも絵の好きな子ども達でいて欲しいですね。

わずか2時間のイベントでしたが、とっても有意義な時間でした。

7月31日・8月1日付け和歌山新報より

※クリックすると大きくなります。  

Posted by ACE at 16:00Comments(4)日記

2011年08月01日

夏休み子ども塗り絵体験&描き下ろし即売会報告



7月30日(土)のこと。ダイワロイネットホテル和歌山1階ロビーで7月末まで展示して頂いている私の作品の前で、夏休み子ども塗り絵体験&描き下ろし即売会を行いました。
当日は、2階イベント会場で「アガサス・バックナンバーカフェ」も開催されており、そちらは満員御礼状態でしたが、私はボチボチスタートしました。
相方に創作書家の南方伶文(みなかたれもん)先生、癒し系イラストレーターのShinyaくんを迎えてのイベントでした。
あまり人が来ないかなと思っていましたが、塗り絵体験してくれる子どももそれなりに集まり、忙しくない程度に楽しめるイベントになりました。
大きな作品はなかなか売れませんが、ハガキサイズのイラストは数点購入して頂きました。
こちらの売上金は先に行われたチャリティ絵画展の売上金と合わせて寄付したいと思います。ありがとうございました。


創作書家・南方伶文先生  

Posted by ACE at 00:11Comments(0)日記