2014年06月29日

三馬力デザイン事務所創立20周年記念パーティを振り返って

パーティ終了後の集合写真


20周年パーティから24時間以上経って、やっと落ち着いて回顧する時間ができました。
多くの方がFBにパーティの模様や感想をアップしてくれ、ひとつひとつゆっくりと読ませて頂きました。

改めて「縁」というものの大切を実感しました。
若い頃に使っていた「縁」と、今感じる「縁」では意味が違っていますね。
「袖振り合うも多生の縁」と言う言葉。これ、前世からの縁を言う言葉なんですね。それほど「縁」というのは深いものだと、そう思います。

振り返ればこの20年。本当に色々な事がありました。
しかし、いつも人との繋がりがあり、救いがあった。
パーティには100人近い人が集ってくれましたが、それ以外にもご都合が悪く列席できなかった方々もたくさんおられます。
そう言ったすべての方に支えられてきたんだなと思います。

長い年数を続ける事は1人ではできません。
また仕事があっても出来るものではないでしょう。
金儲けに走ると企業は育っても人は育たない、そんな気がします。

これから先、何年続けられるかわかりませんが、会社の存続よりも、人の縁を続ける事の方が大切なんだろなぁ。

今までやってこられた事にただただ感謝。

本来ならばお一人お一人にお礼とご挨拶を申し上げるべきところですが、この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

宇佐美コーゾー 拝







  続きを読む

Posted by ACE at 07:52Comments(2)日記

2013年11月04日

イベントを終えて



夜の絵画展、アートキューブ10周年イベントを終えた。
そんなハズはと思ったが、心身疲れていたようで、昨日はちょいとダウン気味。

ちょうど2つのイベントが重なった事もあり、夜の絵画展はShinya君はじめ、他の方に任せっきりになってしまったが、今後続けていく上で、もっと若い方が率先してやってくれればという想いもあります。
私は立場的には若い作家達のアシストが出来ればと思う反面、まだまだ新しいものを創造したいという気持ちもありますが、「夜の絵画展」は新しい作家さんの発表の場・交流の場として続けていきたいものですね。

アートキューブのイベントでは過去の作品の約8割を展示させて頂きました。こんなに多くの数を一堂に会するのは初の試み。
別々に展示してきたものを一つのハコに入れるのは、意外と難しいもの。
画家・森澤氏について、そういう事も学べたなぁと述懐しております。感謝。

そして、アートパフォーマンス。今まで、小さな作品のライブ、つまりは相手の目の前で作品を仕上げるというのはあったものの、ベニヤ板2枚の大作を即興で仕上げたのは初めてのこと。
生演奏、ギャラリーにも助けられ楽しく描けました。
ちょっとした燃焼感もあります。この企画はまたやりたいですね。

絵描きには、あまりライブというのはありません。
しかし、こういったパフォーマンスはスキルアップにもなるし、大小限らずこれからも続けていきたいものです。

長文失礼。宇佐美 拝  

Posted by ACE at 10:12Comments(0)日記

2013年07月01日

ニトロケース


友達がニトロケースを作ってくれました。
先月、心臓病を患ってからニトロを手放せない私。
そんな話をしていると革細工で作ってくれたニトロケース。
しかも持ち歩いてもオシャレなようにとデザインも凝ってくれました。



もし自分で飲めない状態で他人に飲ませてもらう時、薬の量を間違えないようにと、フタを開けたところに1錠だけ入れられます。これは便利。
しかもフタはマグネットだから簡単にはずせ、しかもしっかりくっつく。
その後ろには他の常備薬。そして裏面にはファスナーがあって、予備のニトロが入れられます。
ちょこっと入ったターコイズカラーの飾りは私の誕生石の色。心憎い演出です。

気持ちのこもった逸品。たぶん一生手放せないだろうね。
しっかりした作りなのでずっと持ち続ける事ができるでしょう。
もっと早くにアップすべきたったけど、新しい月の始まりに感謝の気持ちを込めてアップしました。
ありがとね、Tommy。  

Posted by ACE at 02:26Comments(3)日記

2013年05月25日

「大浦陸宏・宇佐美コーゾー二人展」を振り返って

一夜明け、ここまでの道程を振り返ってみた。かなり長文。

作品を描き始めたのは23日の午後10時。完成は24日の午前8時だった。
なぜ、こんなに切羽詰まった状態で描いたのか。
相棒とも話したが、それはお互いの存在だった。
プレッシャーを感じていたのも事実だが、意識下では、それがもっと大きいものだったようだ。
私自身が相棒を最終兵器だと思っていた事に間違いはなかった。
いつもは、もっと自由に色々なアイデアが降りて頭の中を舞う。
そこからベストチョイスし制作してきた。

しかし、今回はそうではなかった。
「相棒よりいいものを作りたい」そんな邪念はなかった。
しかし、相棒に敬意を表したい。
その思いが筆を止めていた。
アイデアが出ては消え、の繰り返し。

まるで相撲のように「待ったなし」の声が頭の中に響き、23日の夜。アトリエに行った。
白い紙に鉛筆を走らせる。脳内スイッチが入った瞬間だ。
邪念が浄化される。そこに計算はなかった。
今回の絵は、大きいのが4点、小さいのが2点。
うち、小さい1点は未発表の既存品。

「納得いく絵ができた?」そう聞いてくれる友がいる。
でも、ちょっと違う。
絵を描く姿は「物作り」ではあるが、精神面では「踊りを舞う」ような感じ。
気持ち良くやりとげたか、という質問があっているのかも知れない。
では、今回はどうか。
気持ち良かったよ。とても、気持ちよかった。
絵の善し悪しは関係なく、気持ち良かった。

5月31日(金)まで展示しています。
良かったらご覧くださいませ。


そして、オープニングレセプション。
いいライブでした。
メインゲストは寺町ヨーコちゃん。
そして、客席にいた鍵盤ハーモニカの藤田さん、ドラマーのキースさんも参加してくれた。
とんでもない豪華キャストのライブ。嬉しかったです。
感謝の言葉もない。


さて、私と言えば師匠が音響でいてくれてるのに散々な結果(笑)
分かってはいましたが、こんなに緊張するってね…。
でも、この歳でこんな緊張を得られるのは幸せなこと。
また、来年もやります。
リベンジという言葉は使いません。
少しでも聴いて貰える音楽にするために努力し楽しみたいと思います。

演奏も歌もガタガタの私に、後ろから師匠がそっとリズムをとってくれた優しさに感動しました。

すべてが終わって、相棒と握手した時、涙がこみ上げてきました。
直前でこらえたけどね(笑)

末筆になりましたが、お越し頂いた皆様、ご協力頂いた皆様、出演者の皆様、本当にありがとうございました。  

Posted by ACE at 12:45Comments(2)日記

2013年05月22日

ギターレッスン



昨日はギターレッスンの日。
いつもの楽曲「プカプカ」を合わせてもらい、あと、新しい課題曲「雨の御堂筋」をソロで歌わせてもらった。
もちろん、ピアノやギターのアシストありだったけど楽しかった。

その後はカラオケ状態。贅沢に演奏にのって歌いまくりました。
いや~、今回も楽しかったなぁ。  

Posted by ACE at 05:29Comments(2)日記

2013年05月18日

KISSな私。



高校の頃から熱狂的なファンで、その関連グッズもあれこれあります。
これは事務所の入り口の打ち合わせスペース。
LOVE GUNのフィギュアに、箱に入ったままのALIVEのフィギュア。
さらにDESTROYERのデフォルメフィギュア、Tシャツ、写真集等々。
今でも元気が欲しい時の必須アイテムですね。  

Posted by ACE at 15:49Comments(0)日記

2013年05月01日

古い仲間と



いつもの火曜日のギターレッスンに古い仲間が遊びに来てくれた。
お会いするのは実に10年ぶりくらい。バイク仲間でとってもオシャレな人。
永チャン好きでバイククラブの忘年会なんかで美声を聴かせてくれいた。

音楽でもこうして楽しめるとは思ってませんでした。
やっぱり音楽っていいね。ほんとに楽しいわ。  

Posted by ACE at 23:35Comments(2)日記

2013年04月24日

ギター練習の合間に



昨日の練習風景より。
長年、憧れていたセッションっていうの、そういうやつ。
まだまだ出来てないけど、それでもすごく楽しかった。
上手く合わせてくれて、リズムも入って、キーボードも入って…。
それは私のとってフルコースの料理みたいに感じた。
音楽っていいね。

「絵を描く事」もこんなに楽しく勉強できたらって思う。
同じ芸術として、音楽から学ぶ事が多いです。
「楽しんで、なんぼ」これはすべての芸術に繋がるんやないかな。
上手く見せる必要はない、まずは自身が楽しむ事。
これが大事やね。  

Posted by ACE at 10:43Comments(0)日記

2013年02月18日

絵心?



こんな話をよく聞きます。
「私、絵心ないから…」

絵心ってなんでしょ。
下手でもカラオケは楽しめるのに…、絵も同じですよ。

持論ですが芸術は庶民から生まれた文化。つまりは娯楽だと思っています。
もちろんプロを目指す人達は努力や苦労を経験しますが、「楽しむ」と言うことであれば、上手い下手はないと思うんです。
「楽しけりゃOK」それでいいと思います。

線が歪もうが、絵の具がはみ出そうが、楽しく描いた絵は心に響きます。
写真の絵も構図はグタグタだし、デッサンもなってませんが、描いていて楽しかったです。

神戸の路地裏のブロックに腰を下ろして描きました。
その時間ってとても癒されます。
そして、日が経っても絵を観ればその時の事を思い出す。
これがスケッチの楽しさだと思います。

構えずに、他人の目を気にせずに、描いてみましょうよ。

って、誰に言ってんだろ(笑)  

Posted by ACE at 19:33Comments(2)日記

2013年02月17日

「アナタノコエヲキカセテ」無事終了



昨日のライブイベント「アナタノコエヲキカセテ」。
お越し頂いた皆様ありがとうございました。
とってもいいイベントでした。

私はいつものように描きなぐりでの参加で、片男波「音画来祭」のメンバーでもあるShinya君、みっちゃんにに加え、今回初めてのイベント参加となったボディアートの小山さん。
そしておなじみのスパム屋さんに和歌浦煎餅さん、そしてマッサージの太郎さん。
ライブは総勢13組。これまたすごいパワーだった。

この日は、けっこう描かせて頂きました。
思えば、震災のチャリティーとして始めた描きなぐり。
市内を中心に色んな所でやってきました。
チャリティながら、自身のスキルアップにも繋がるイベントでもあり、我々絵描きにはなかなかライブ感を味わう事が難しいのですが、お客さんを目の前にして、数分で仕上げる楽しみ、そしていいプレッシャーが心地良いです。

描きなぐりを始めて間もなくShinya君が可愛い絵をひっさげて加わり、さらにみっちゃんが加わってくれました。
そして今度は紙ではなくボディをキャンパスにアートする小山さんが加わり、層の厚さも増しました。

これからもコラボ的なイベントには積極的に参加していきたいと思います。
とっても敷居の低い我々ですので、いつでもお声かけくださいませ。

※写真提供:Shinya氏  

Posted by ACE at 16:01Comments(2)日記

2013年02月04日

個展レセプションパーティ



遅くなりましたが、昨日2月3日(日)、宇佐美コーゾー第9回個展の「レセプションパーティ」として、あきゆらさんのライブを行いました。
想像を超えるお客様の数、ほんとうにありがとうございました。
立ち見どころか、階段まで人が溢れる状態。

しかも2月というのに陽気が良く、熱気でかなり熱かったようで、お越し頂いた皆様にはご不便をおかけしました。

こういったカタチで若いアーティスト達が芸術活動を行っています。
まだ始まったばかりですが、こうして回を重ねる事で、表現する芸術がスキルアップすると思います。
その為には、応援してくれる方々、会場にお越し頂く方々が不可欠です。
どうか、今後とも若いアーティスト育成に力をお貸しくださいませ。

子ども達・若い人達の環境を造るのは大人。「今時の〜」などとは言わず、温かくかつ厳しい目で見守ってやってくださいませ。

ありがとうございました。  

Posted by ACE at 21:12Comments(0)日記

2013年01月25日

ラジオの相方「たかちゃん」



FMラジオでパーソナリティを務めさせて頂くようになって4年目を迎えました。
相方はずっと「たかちゃん」。
とても上品でいくつになっても可愛い方。元気で前向きで人の痛みを知る素晴らしい人格者です。
週に1度の生放送。3年もやっていれば、掛け合いも無意識に出来るようになりました。
木曜日の午後1時。まったりと、マイペースな音楽番組ですが、なるべく昼食後の胃にやさしい音楽を心掛けています。
リクエスト番組ではないので、いつもは私が特集するアーティストをチョイス。
それもなるべく知られていない名曲をと思っていますが、そもそも番組の主旨は70・80年代の音楽をお届けする番組。この辺のしばりが難しいところ。
それでも海外にはまだまだ知られていない名曲ってありますよね。

パソコンでもお聴きできます。よかった聞いてね。

パソコンからはコチラ
http://877.fm/netradio/  

Posted by ACE at 06:48Comments(0)日記

2013年01月21日

作品展の「ノート」



和歌の浦アートキューブで今月末まで開催の作品展。12月から2ヶ月間、途中作品を入れ替えての作品展でした。
で、そこに置いたノートに来られた方のメッセージが書かれています。

感想等を聞かせてくれる方から子ども達の落書きまで。見ていてホントに微笑ましくなりました。これは宝物ですね。

作家不在の状態で、こんな風にコメントを頂いているので、少しですが赤ペンで皆さんからのメッセージに対してコメントを書かせて頂いています。

これで見知らぬ方と繋がれたような、そんな嬉しい錯覚を覚えながらノートを閉じました。
あと10日間。ぜひ、このノートに落書きしにきてくださいませ。  

Posted by ACE at 16:42Comments(0)日記

2013年01月20日

パレット新調しました



ずっと使っていた固形絵の具のパレットもほぼ使い切り、あらたに固形絵の具のコマ買っても良かったのですが、チューブの24色がほぼ新品状態があったので、同じホルベインの24色パレットを購入。
ひとつひとつのマスにチューブ絵の具をしぼり出し、固まるのを待っております。
ひょっとして1週間位かかるかも…。  

Posted by ACE at 22:56Comments(2)日記

2013年01月07日

今年の年賀状です





個人向けと企業向け。色違いなのと、右上のロゴが「サンバリキアートスタジオ」と「三馬力デザイン事務所」なだけで、ほとんど変わりないです。
ちょっと色っぽすぎたかも知れませんね。
ストッキングの部分が蛇柄なんですよね〜。  

Posted by ACE at 11:52Comments(4)日記

2013年01月01日

2013年



みなさま、あけましておめでとうございます。
なんと新年早々の貫徹です。
なので初夢は見てません。。。
ま、ありがたい事ですよね。正月早々仕事があるって事は。

とっても冷える朝ですが、今日もまた東の空を照らし昇る朝日に感謝。
初日の出も2日目の朝日も、ずっと繰り返されるご来光。
この「当たり前」に感謝しつつ、この1年を歩みたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。  

Posted by ACE at 06:56Comments(0)日記

2012年12月31日

デザインナイト



昨夜の事。海南市黒江で行われた「デザインナイトTSUNAGORA」に行ってまいりました。
若い人達が中心にアートを通じて地域の活性化を図るといった内容のイベント。



そんな中、メインイベントのひとつ、ASAKOちゃんのライブペインティングは実に5時間に及ぶ迫力のステージでした。
パワーを頂きましたね。この空間そのものが持つパワーと言うのか、若い人達の力を身体全体で感じてきました。



思えば、自身も学生の頃はこんな風に「瞬間」に燃えていたように思います。
今回のイベントに参加させて頂き、その頃の気持ちを多少なりとも思い出す事が出来ました。

創作する意欲、なにかを創り出そうとするパワー、「今を生きる」といった感じの想い。
なかなか言葉では表し辛いですが、色んな意味で感化された夜でした。

来年は、若者達と一緒にイベント出来ればいいなと思っています。  

Posted by ACE at 08:23Comments(2)日記

2012年12月08日

お誕生日



先週の日曜日、静かに51歳の誕生日を迎えました。
たくさんのお祝いメッセージを頂き、感謝しております。
この場を借りて御礼申し上げます。

この場を借りてって、自分のウォールやんなぁ。
すみません、無知なもので。

どうも、体調がすぐれずグダグタな感じで日々を送っています。
あまり気合いを入れない誕生日っていうのもアリかな、と。
そんな私ですが、今後共よろしくお願いします。

何をやねん?
そうですよね、日本人って、何かにつけて「よろしくお願いします。」
ま、でも、皆様よしなに〜。  

Posted by ACE at 22:12Comments(2)日記

2012年12月01日

一人静かな夜に思う。



仕事場にストーブを置いた。
ヤカンで湯を沸かし、インスタントではあるが、カップに湯を注ぐ。
ポットではない、ヤカンからの注ぎ音に安堵する。
今夜は差し入れで頂いた草団子をお茶請けに。

ここのところ、引きこもりが続いている。
仕事もあるが時間も出来る。そんな時は体調を崩したり風邪を引いたり。。。
引きこもり状態はまだまだ続きそうなので、絵を描こう。

絵を描いたら、色んな人に観てもらおう。
なので、来年2月に個展やります。
毎年恒例の夏の個展ではなく、まったく気まぐれの、小さな個展。
すきま風が吹きこむ心を温かくするような、そんな絵を描こう。  

Posted by ACE at 22:01Comments(8)日記

2012年11月26日

子ども絵画教室で思うこと



今日は小学校の子ども会主催の絵画教室で講師をしてきました。
今年は小学生相手の教室が4回ありましたが、いつも感じる事は道具の使い方をキチンと教わっていないと言うこと。
紙も絵の具も筆もパレットも筆洗も。
道具の特性がわからないから、上手く使えるハズがないんですよね。
これじゃ絵を嫌いになっても無理がないなぁと感じます。
せっかく下絵を上手に描いても彩色すればグチャグチャに。そんな子どもが多かったですね。
一度、小学校の授業参観をしてみたいと思いました。

※写真はイメージです。  

Posted by ACE at 18:47Comments(3)日記