2010年12月20日

世界最速のインディアン



久しぶりにこのDVDを観た。何度観ても素晴らしい映画。私の映画ベスト10に入るであろうこの映画。
インディアンとはアメリカ製オートバイメーカーの事である。
舞台は1960年代のニュージーランドとアメリカ。
近年の映画には珍しく、悪者(嫌みなヤツや変なヤツも含めて)がまったく出てこない映画で、実話に基づいたフィクション映画である。
バイクの話ではあるが、決してライダー向けの映画ではない。
名優・アンソニー・ホプキンスの演技なくして語れない映画で、微笑ましく、勇気をもらえる映画だ。
ふわっと心温かくなりたい時にはオススメの1本です。
===============================
監督/ロジャー・ドナルドソン
主演/アンソニー・ホプキンス
2005年・アメリカ/ニュージーランド  

Posted by ACE at 12:15Comments(0)映画

2010年08月16日

栄光のル・マン



1971年の映画。私の大好きな映画のひとつです。
とにかくその臨場感がすごい。レース直前までの「静」とレースが始まってからの「動」の対比が面白い。
そしてレース終了後のライバル同士の言葉のない会話に感動を覚えます。
ぜひ観て欲しい映画の一つですね。



画像にもありますが、ポルシェとフェラリーの間でちょこまかと走っている911と914/6が可愛いですね。  

Posted by ACE at 17:57Comments(0)映画

2010年08月10日

雨に唄えば



先日、久しぶりに観ました。この映画、たしか1952年の作品だったと思います。
ミュージカル自体、特に興味はないけれど、この映画だけは大好きで過去10回以上は観ているかな。
この映画、笑いもあり、見事なダンスもあり、スカッとする終わり方もあり、とにかく楽しいです。
注目はコズモを演じるドナルド・オコーナーのダンス。もうサイコーです。

すべてとは言わないけれど、最近の映画は見た目の派手さばかりで話自体がしっかりしていないような気がします。
観ている時は、おおっと思う映像ばかりだけど、見終わるとなんて語れない。誰かと映画に行っても、その後の話に花が咲かない、そんな気がしますね。
でも、古い映画はいいです。とってもしっかり作っている。ドラマにしてもサスペンスにしてもコメディにしても、どれも引き込まれてしまいます。
「温故知新」
とっても好きな言葉。今だからこそ、古い映画を観て新しい何かを得たいですね。  

Posted by ACE at 10:59Comments(2)映画